ある日のランチタイム〜おがさわらの食卓〜

バックナンバー01 ::2016年5月〜7月 >

2016/07/28 そうめん談義 2016/07/26 日差しジリジリ 2016/07/12 外は嵐も 2016/07/05 おだしのかほり
2016/07/05 向える夏 2016/06/30 漬物の、声 2016/06/28 社長の居ぬ間に… 2016/06/23 つかの間、晴れ間
2016/06/21 会話< 2016/06/16 六月の庭 2016/06/08 おがさわらの出張日
2016/06/01 長崎で、皿うどん食べるときと言えば 2016/05/31 5月の終わりに… 2016/05/26 おかげさまの食卓

どうぞ、お楽しみください^^)/


>>バックナンバー08 >>バックナンバー07  
>>バックナンバー06 >>バックナンバー05 
>>バックナンバー04 >>バックナンバー03 
>>バックナンバー02 >>バックナンバー01 
食卓の舞台裏 は >>こちら へどうぞ 

そうめん談義

ちまたではポケモンの話題でにぎわったりな今日この頃。

社員Mは相も変わらず美味しそうなにおいにつられてポケスポット…ならぬ給湯室へ。
おがさわらは今日も腕をふるっておりました。

甘酢漬け(なすび、きゅうり)+すりごま
イカげそ煮とにんじんの浅漬け(冷)
いただきものに感謝!:鮮度抜群のアジの煮つけ玉ねぎ添え
レバー煮浸し(ピーマン。にんじん、たまねぎ)
雑穀米+おかか

…と、そうめん、、
社員M「…社長。そうめん…なんですけど、こうやって調理するの何て言いましたっけ??」
(お) 「え?あぁそうよね?じごくだき…イヤ違う。??」
二人 「… …。」
外はめまいがするほどの眩しい日差し。
うす暗く、ちょっぴり湯気が熱い給湯室で 二人の迷子が発生しました。
答えが出てきそうで出てこない。なんだかとても簡単な言葉だった気がするのに…。

社員M「社員kに聞いてみましょう!」
(お) 「そうね!」

社員k「…にゅう‥めん?」
二人 「! あぁ!」
ネットで確認してみると、 同じ素麺を使っていてもつゆが暖かければ「にゅうめん」になるのだそう。
いやぁ勉強になりました(笑) 三人寄れば文殊の知恵。
昼下がりの事務所は今日も元気にまわっております。

日差しジリジリ


蝉の声も、夏休みの子供の姿もにぎやかしい。夏本番の到来です。

負けずに元気に参りましょう♪
本日のランチは品数もズラッとのこちら!
かぼちゃの煮つけ(温)(にんじん、糸こん)
冷製トマトシチュー(鶏肉、じゃがいも、にんじん)
煮つけ(冷)(かまぼこ、にんじん、こんにゃく)
漬物三種(ゴーヤ+トマト、なす+にんじん+きゅうり、きゅうり+煮干醤油漬け)
具沢山お味噌汁(わかめ、薄あげ、なす、にんじん)


一気に熱くなったせいか、汗もよくかきますね。
周囲でも、気づけば脱水症状だった、なんて話も耳にします。
こんな時期のお漬物は身体によく沁みます…ありがたい。
事務所のおかしスポットにも最近は塩ものが常駐。↓

おいしく食べて、適度に動いて。暑い夏も存分に楽しんでいきたいですね!

外は嵐も


おがさわらのランチは、どこ吹く風。今日もおいしくいただいてます。
本日のメニュー

車麩と野菜の炒め物(ピーマン、玉ねぎ、にんじん、たまご)
そうめんサラダ(レタス、トマト)+ごま
漬物三昧(おがさわら特製松前漬け:なす、ゴーヤ、きゅうり、するめ)+鰹節
お味噌汁(かぼちゃ、キャベツ、玉ねぎ、薄あげ)

でした!

松前漬けとは、薄く切ったスルメや昆布に酒・みりん・醤油で作っただしをまぜて野菜を漬けたもの。
北海道の郷土料理ですねー。物産展などでもおなじみのものでしょうか?
おがさわらが一週間は付け込んでいたものです。
おいしくなったころに、満を持してのご登場。

とってもおいしく頂きました☆

おだしのかほり


午前の業務も一段落し、ふとPC画面から顔をそらしてみると
どこからともなく(いえ、給湯室からとはわかっているのですが) いいにほい。

社員M「社員Kさん…これは、丼ものの、おだしのにおいではないですか。たまごどんぶり…」
社員k「あら!ほんといいにおいね〜? でも、まだわからないわよ?」
社員M「たしかに。玉ねぎの炒め物のときもこんな感じのにおいになってましたしねー‥」
社員ズ「 …。 フフフ〜♪」


本日のヨミは、当たりました。



ふわとろ親子どんぶり
冷やし中華風サラダ(アスパラ、ハム、もやし)+もみのり
お味噌汁(ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、薄あげ、しいたけ)
ひじきの煮物(ひじき、にんじん、糸こん、かまぼこ)+すりごま
冷製ゴーヤの味噌炒め(ゴーヤ、たまねぎ、にんじん)
きゅうりのお漬物+煮干し醤油漬け、鰹節   …本日は品数も多めでした^^;)

ご飯をおいしくいただくことが、まじめな業務の一環となりつつある筆者社員M。
ごはんに対する感覚も日々磨かれつつあります。
そう、まじめに。 あくまでも業務として…。

本日も、とってもごちそうさまでした。

向える夏


梅雨明けの発表はまだのようですが、長崎はなかなかの夏模様。
日差しも風もあついですね〜。熱気も増してまいりました。
そんな今日のメニューは

きゅうりのお漬物+鰹節、お醤油一滴
トマトシチュー(鶏肉、プルーン、にんじん、ジャガイモ)
社員ズ+(お)合作お味噌汁(玉ねぎ、にんじん、ワカメ、薄あげ)
なすびのステーキ
塩あじ雑穀ごはん
いただきものの巨峰☆

でしたー!
写真ではひたすら黒くなって見えますが、なすびのステーキうまかったです!
なすびを二つに切ってたっぷりの油で焼き、砂糖・醤油・みりんで味付けしたもの。

季節のお野菜でもあります。
シンプルですが、こんなものをいただいていると、来たる夏本番に向けて
もりもりと!力がついていくような気持ちになりますね。

漬物の、声



メニュー
エリンギとピーマンの炒め物レタス添え
甘酢だれ冷やし中華(カニカマ、わかめ、もやし)+いりごま
具だくさん味噌汁(薄あげ、だいこん、にんじん、かぼちゃ、マイタケ)
イワシかまぼこ、マイタケとにんじんの炊き込みご飯
そしてお漬物(きゅうり、なすの浅漬け) でした。


ほんじつは初夏の疲れも中和してくれる、お漬物について。

最近はめきめきと夏野菜がおいしくなってまいりました。
事務所の食卓には必ず酢の物・漬物が添えられますが、今日の浅漬けには目の覚めるようなウマさがありました!
社員ズの質問攻めも相まって、おがさわらが浅漬けの作り方を詳し〜く?教えてくれました。

手順↓
朝、野菜(本日はなす)をざっくり切ってボウルに入れ、塩をまぶす、まぜる。
そのまま1時間放置〜他の料理の下ごしらえ
1時間後、手で軽く水切りをして別容器へ。
薄口しょうゆ、みりん、酒で100t程度の漬け汁をつくり
容器で野菜とサッと和えて、上からぎゅうと押す(←ポイント)だけ
2時間後以降、野菜の水が上がってきて食べごろに…

こんなかんじ。
さて、気になるのはレシピ(材料の具体的配合比)でしょうか。
ありません。

社長曰く、「漬物のこえが聞こえたら、美味しくなるタイミング」
…。
塩梅も置き時間も、この声に応えるのみだそうで。漬物みずから主張する前に手を加えれば、まずくなってしまうのだとか。
50代社員「私は聞いたことないわ!」30代社員「…いつか聞けたりするのかなぁ〜。(今は聞こえない)」
今のところ社内での賛同は得られず。年齢や経験も関係なきもよう。

だれかこの、漬物の声が聞こえる人はいませんか。

社長の居ぬ間に…

あたため、あたため。


おがさわらは本日も出張。

以前の話。 おがさわらが料理を皿に盛り付けている様子(手元など)を撮ってアップしませんか、
と提案してみたところ。
(お)「…出汁!出汁にしよう!! 出汁とるときにまたね?! ありがとう!」
と、やつぎばやに撮影をことわられた(気持ちになった)筆者社員M。

なんだかきもちに納まりがつかず、社長の居ぬ間にささやかにこんな写真、とってみました(笑)

食卓に並ぶ品数は沢山ですが、事務所の給湯室はこんなにこぶりです。
日頃はジグソーパズルのごとく(!)スペースを駆使して皿を仕上げていっておられます。
写真でお見せできないのが…まことに残念なのです。 ええ。


そんな、本日のメニュー

お漬物(きゅうり、なすの甘酢漬け)
大根のさっぱり煮(だいこん、まいたけ、にんじん、かまぼこ、こんにゃく:唐辛子入り)
トマトスープ(あさり、牛肉、ジャガイモ、にんじん、なす、エリンギ)
豆と昆布の煮物
今日のごはんはもちもち雑穀米です!

でした。
原稿はいつもおがさわらにチェックいただいてからアップしているのですが…
ほんじつは、ちょっと不安になりながらの、アップです。

つかの間、晴れ間

長崎も大変な豪雨、落雷、、、となりましたが、事務所は今日も動いております。
本日の社員ズはマンション部の掃除に余念がありません。
朝方の小雨降るなか、手分けして飛んできた木片等をせっせとかき集めました。
雨の予報はまだ続くようです。

さて、よく動きましたのでひときわお腹がすきました!
うっかり泥で滑って転んだ社員M(自業自得)のこころに晴れ間をもたらしてくれたのは、
以下のメニュー

お漬物(きゅうり、にんじん、なす、ごぼう のぬか漬け)+鰹節
あさりと野菜のトマト煮(ジャガイモ、にんじん、なす、エリンギ)
煮物(椎茸、まいたけ、にんじん、かまぼこ、こんにゃく:唐辛子入り!)
野菜スープ(はすいも、玉ねぎ、にんじん、大根、小松菜)
そして冷やし中華(トマトとカニカマ、みつば添え)+すりごま
でした!
ありがとうございます。

…と、こんな文章を書いている昼下がり。少し陽が差してきました。
今夜からはまた雷雨の予報。
つかの間ですが、晴れやかな気持ちになりました。

会話


メニュー
酢の物(わかめ、きゅうり)+すりごま、お漬物(なす、ニンジン)+お醤油一滴と鰹節
レバー煮浸し(糸こんにゃく、ニンジン、玉ねぎ)、
メインのおうどんには具たっぷり(椎茸、玉ねぎ、にんじん、三つ葉)にこだわりのとろろと天かす(コレステロールゼロ…!)
ぎっしり詰まったおいなりさん、
でしたー!

食事中の会話
社員k「ねえ、Mちゃん。このおいなりさんケーキみたいな香りしない?」
社員M「!?…ケーキ、ですか?!」  もぐもぐ  「…あ、ほんとですねー」
社員k「シナモンみたい?」
社員M「ゴハン炊かれる時ココナッツオイル入れた…とか?」(←炊き込みご飯で実際によくされます)
社員k「ん〜いいかおり〜♪ なにかしら?」 社員M(山菜?さわやけだけど不思議な感じだなぁ…もぐもぐ)
そこへカツコツとヒールの音

(お)「桜の塩漬けよ。」

社員ズ「…あぁ!」

こんな感じで、おがさわらの日々のちょっとした趣向やチャレンジに気づいたり、スルーしたり
考察してみたり な、ランチタイムを過ごしています。
本日もごちそうさまでした。拝

六月の庭

閑話休題。

現在の会社敷地内は、このような花模様となっております。
左から、アガバンサス、ランタナ、ちょっとちいさいチェリーセージの花が咲いていますね。
和名や花言葉を調べてみると。

アガパンサス:紫君子蘭… 恋の訪れ、ラブレター、知的な装い
ランタナ:七変化…合意、協力、確かな計画性
チェリーセージ:(サルビアミクロフィラ)…燃ゆる思い、尊重、知恵

となっていました。さらに語源で見てみると
アガパンサスはギリシア語の「agape(愛)」と「anthos(花)」の意
サルビアミクロフィラのサルビアは、ラテン語の「salvare(治療)」「salveo(健康)」
がそれぞれ語源となっているようです。

アガペーに協力、健康、知恵…いやぁ何とも高尚な言葉の羅列となった敷地内。
午後からの雨の気配に包まれながら、
すぐ横の国道の坂を走る、トラックの風にふかれています。

おがさわらの出張日


朝。出社すると、こんな張り紙がありました。@給湯室
本日はおがさわら社長の出張日。

なんと社長、不在日分のランチを作り置きしていって下さいます。
(※おがさわらはなかなか多忙なおひとです※念のため。)

私も会社にお世話になり始めのころ、これを見てびっくりいたしました…^^;)
と、いうわけで。本日の温め&盛り付けは筆者社員M。
上記の張り紙の中から社員ズの要望をとり、
具たっぷり皿うどん、レバー煮浸し、きゅうりと玉ねぎの酢漬け

お味噌汁(あおさ、玉ねぎ、ジャガイモ入り)は社員ズでつくって足しました。
今日もおなかいっぱいです。ごちそうさまでした 社長!

…おがさわらの盛り付けた皿うどんの写真も下にありますが、見比べてはいけません。
ええ、比べちゃだめですョ。
おいしさに 変わりはないのですから…。

長崎で、皿うどん食べるときと言えば

金蝶ソース!

メニューは海鮮皿うどん、おから、マイタケ炊き込みご飯(おこげ付)、和風だしの野菜スープ
甘酢和え(きゅうり・玉ねぎ・カニカマ)、飛魚だしがらの甘酢かけ

です!
コクうまたっぷりのゴハンでからだもゆったりです。

食卓に添えられたのは今朝敷地で発見されたお花。きれいですねー。調べてみると、
春ウコンの花でした…!

こんな花が咲くんですね!というか、なんでこんなところに漢方的なものが植わってるんでしょうか!?
謎は発生しましたが、三つ葉の可愛い花とともに、事務所の食卓を彩ってくれています。

5月の終わりに…

紫陽花の緑もまぶしい本日。
まだ慣れない暑い日差しをスッキリさせてくれたのは冷やし中華…
だったのですが。

筆者(社員M)のミスで写真がございません。
おがさわらに「今日は暑かったし、冷やし中華クローズアップして載せてみる?!」♪と
言われた時にはすでに胃袋の中でした。すみません。
ごちそうさまです。
と、いうことで。今日のアップはその冷やし中華:(お)特製甘酢だれサラダ風 
の上に乗せられていたサニーレタス
  
と、食後のデザート グミの実です!(笑)
おわかりかもしれんが、どちらも会社敷地で収穫したものです。

ここではプランター程度の土地のスミっこを利用して、社員ズが入れ替わり立ち代わり、菜園を行っているんです。
よって、完全無農薬。 グミの木、桜、梅の実も取れますので、収穫期はそれは気忙しい。
レタスもこれで2ヶ月は食べ続けています。
今日のレタス収穫は筆者でしたがレタスの葉をほんの7、8枚摘むだけで、こんなに元気をいただけるのかと思うことしばしば。

小さい規模でも、土と植物の循環を感じながらのお食事は、何とも言えない心地よさがあります。

…次回は必ず写真撮ります<(_ _)>:社員M

おかげさまの食卓

本日は初夏の雰囲気。当事務所はサンタヒルズマンションの管理・運営もしておりますが、 そんな社内。
いつものように配膳された↓を見て、社員が一言

「今日は何のお祝い!?」

内容は、飛魚だし稲庭うどんにお稲荷さん、ヒジキと大根の煮つけ といったもの。
たしかにわが社では珍しい取り合わせではありますが、作った本人はそういった意図もなく。
おがさわらも「ええ!?そうかな〜??」などと談笑していると、電話が鳴りました。

誠におかげさまをもちまして、満室となりました

実はマンション部、4月から一室だけ空室があったのですが、そちらへのご入居が急に決まり、
本日晴れて満室御礼となったのでした。
まさかほんとにお祝いになるなんて…(笑)

社員の素晴らしい勘(!?)を皆で讃えつつ
「これからは毎食うどん+稲荷にすれば毎日がお祝いに…!!(お)」「…!!(社員ズ)」などなど
談笑の続くのランチタイムとなりました。

明日のメニューは何になるかな?

〜食卓の舞台裏〜(文:おがさわら)

まず・・
炊飯器・これはおがさわらが大学時代に使用していたもの
(20年たった!?今でも大活躍中!)
  
お米3合(このときのお米は東京のお友達が送ってくれた お友達のお姉さんがつくった「次子米」美味しい!)
に玄米を少々混ぜてミキエコー37(アボカドオイルのカプセル:ビタミンE他補給の目的)
を6粒いれて12時炊き上がりのタイマーセット。

(海産物中嶋さんのいりこは最高です!)

いりこは骨と内臓をだして、だし昆布は細切にしてお出汁をとります。
が、そのままこれも美味しくいただきます。

写真※毎日いい味だしてくれる「いりこ三兄弟」

ではまず「お味噌汁」から作ります。
いりこと昆布のお出汁を火にかけて・・
煮えにくいものから順に・・
@ 人参・大根
A 椎茸・白菜・キャベツの芯の部分
B 里芋・さつまいも
C 白菜・キャベツの葉の部分と大ネギは食べる直前にいれるので切って準備しておきます。



次に・・「肉じゃが」
昆布のお出汁にごぼうをいれてしばらく煮ます。
@ たまねぎ・生姜の細切を入れて、ジャガイモ・人参入れたらお砂糖少々で少しやわらかくなるまで煮ます
A 豚ロース塊(一度炊いて油抜きしたもの)を一口大に切っていれます。
B そのときにお酒少々・みりん少々・薄口醤油少々をいれます。
C 次に里芋・サツマイモいれて落し蓋をしてしばらく煮ます。
D 味をみて、うすいようならば調味料を足します。
E 味がきまったら(一度炊いて油抜きした)厚揚げと結び糸こんにゃくをいれて落し蓋をして少々煮て、
蓋をかぶせ休ませます。
それと・・玉ねぎの薄切り・生姜の線切りはフライパンに入れて準備しておきます。

これで・・所要時間1時間弱
(皆の珈琲の準備や、片付け等含めて)

勤務に戻ります・・・。
12時ごろ・・
ランチ準備開始 @肉じゃがのお鍋を軽くあたため
Aフライパンに準備していた玉ねぎの薄切りと生姜の線切りをオイル少々で炒めて
(ちょうどいただきものの美味しい五島の揚げかまぼこがあったので)
それに軽く 揚げかまぼこを入れ炒め、レタスをいれて軽く炒め・・出来上がり。
Bお味噌汁のお鍋を火にかけて白菜・キャベツ・大ネギをいれて、お味噌をいれて味を調えます
  
D ちょうど美味しく食べごろの大根と赤カブの浅漬けにかつおぶし
(これもまたいただきものの枕崎のかつおぶし「とっても美味いんです!」)
美味しく炊き上がった「次子米」をお茶碗についで・・

後は・・
おかずを好き好きに・持参で  適当に・・「いただきます!!」


これで準備にかかる所要時間30分ほど。






>>バックナンバー08 >>バックナンバー07  
>>バックナンバー06 >>バックナンバー05 
>>バックナンバー04 >>バックナンバー03 
>>バックナンバー02 >>バックナンバー01 
食卓の舞台裏 は >>こちら へどうぞ 



ページのトップへ戻る

(株)小笠原

会社のHPです。