「食」への思い


NPO法人日本食育協会  食育基本法の目的

「豊かな国民生活及び活力ある経済社会の実現に向けて、
           健全な心と身体を培い、豊かな人間性をはぐくむ」

今、日本人の価値観は新たな時代を迎え、生活面で多くの問題に直面しています。

特に食生活については変化がめまぐるしく、子供たちの「食」もあらゆる面で多様化しており、
欧米化された食生活をはじめとし、それによるさまざまな弊害も起こっています。
なかでも「自分の身体は食べ物からできている」というあたりまえのことすら理解していない若者が増えているのが現状です。

 こうした時代だからこそ、食に関し自立した生き方をすることが重要ではないでしょうか。

つまり、身体にとって良い食べ物を選んで組み合わせる「選食」という能力、
好ましくないものと戦って食べる能力や生活習慣病を予防で撃退するための「食戦」という能力こそ、
これから必要不可欠な能力といえ、親子で共に意識変革をすることが求められているのです。

 「食」は健全な社会をつくる土台であり、「食育」とは健康、文化、環境、農業など生活の質すべてに直結する
生涯学習であり、幼児期から体験などを通じて食を自分でつくる喜びや、味わう喜びを知り、
自分の健康は自分で守る知恵をつけることです。
 そして、科学的根拠と裏付けに基づいた、正しい知識・情報を学び、それらを実践し、最終的な目標として「生涯快適人生」を生きることです。

 このために、こうした食育活動推進の担い手として食育指導士が、「食と健康」に関する正しい知識を身につけ、
食育を通して子供からお年寄りまであらゆる世代の人々に、その意義を啓蒙普及するために、セミナーなどを通して「食育」という国民運動を展開し、健康な社会づくりを応援したいと考えます。

自分の健康は自分で守る - 食育は最良の予防医学

すべての方が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことができる社会の実現を目指します。
その健康で豊かな人間性を育む上で健全な食生活が重要であり、その為に、栄養学的に、
自分に必要な栄養素が何かを正しく知り、正しく摂取することができるように、知識としての習得はもちろんのこと、
「知恵」として実践につながるような活動を目指します。





ページのトップへ戻る

(株)小笠原

会社のHPです。